30代以上におすすめしたい年齢に合ったビジネスバックとは

ビジネスバックには定番というものがあります。30代の方におすすめするのがブリーフケースといわれているタイプです。大きさは現在ビジネスの書類で一番多いA4のファイルが入るくらいのものが主流となっています。職業によっては通勤時は一つ、取引先に向かうときには二つ以上を持ち歩く必要があるかもしれません。

仕事が内勤で週に1、2回取引先との打ち合わせということであれば通勤時のバックは1つもしくはなしということも考えられます。しかし外回りの営業が主流という人は同じビジネスバックでも通勤と勤務時を分ける場合と分けない場合で大きさが違ってきます。資料やパソコンなどを取引先で使用する場合は大きい厚みのあるバッグ、その必要がない場合は大きくても厚みがないバックということになります。営業中心の仕事の場合、バックを分割して持っているのは女性が多いようです。

30代ともなると仕事にも慣れ部下がいるということも珍しくなくなります。そのような立場の人がカジュアルなトートバックで通勤していても職場に別のバック、ブリーフケースがあり勤務時間中はそのバッグを使用している、ということもあります。

同じブリーフケースでも使用している材質によりよりフォーマルに、よりカジュアルに見えるということもあります。材質は重さと強度に影響があるので何を入れるか、で選ぶバックが変わってきます。

最近ビジネスバックで多いのが軽くて丈夫なナイロン製です。表面に防水加工を施すことで、雨の日でも鞄の中が濡れないようになっているものに人気があります。少し前まではステータスだった革のビジネスバックですが、丈夫な革バックは材料の重さからバックそのものの重く、中身を入れるとさらに重くなること、本革といわれる材料が高いことから30代くらいの若い人では持っている人が少ないようです。

大きさも様々ですが、出先の打ち合わせで使用する資料を持参することが出来るようにとファスナーで厚みを変えることが出来るビジネスバックも人気があります。出張にもこれ一つという場合は厚みを変えることが出来るのはとても便利です。

色については黒が定番となっていますが派手になりすぎないグレーやネイビー、オフィスがカジュアルスタイルの服装が許されているのであればカーキやブラウンなどがいいでしょう。スーツにもポロシャツにも合うバックはなかなかありません。複数のバックを使い分けるのがいいでしょう。現在、多くのメーカーが同じデザインでもカラーバリエーションを多く取りそろえています。

女性が彼氏に持って欲しいビジネスバックの素材と形

ビジネスバックはビジネスマンにとって必須のアイテムとなっています。それは、新人のビジネスマンから定年間近のビジネスマンまで全ての年代に方が利用するものです。全ての年代が持つものですから、色や形そして素材など年齢によって持つべきものが変わってきます。社会人なりたてのビジネスマンは量販店に置いてあるようなビジネスバックで構わないでしょう。しかし、一番気にかけないといけないのは、数年社会人を経験している20代後半あたりの年代の方です。

なぜこの年代の方がビジネスの持ち物にこだわらないといけないのか。それは、数年社会人を経験しているからこそです。数年働けば社会人としてそれなりに経験を積んでいることから、そろそろ経済的にも個を確立されているころでしょう。ですから、20代後半の方がどのようなものを持ち、どのような生活を送っているのかということは周りからも目にとまるのです。20代だからまだ良いものを買わなくて良いのではなく、20代だからこそ、良いものを選ぶ眼力と経済力を身につけることが必要なのです。

良いものをもつことは、女性からも良い印象を受けます。粗末な素材のビジネスバックを持っていると、その程度の経済力しかないと思われがちです。しかし、良いものを持っていると、やはり経済力が高いのだという印象を持たれます。もちろん無理をして高いものを買う必要はありません。

では、経済力に関わらず良いものをもつにはどうすればいいのか。それは、確かな眼力をもつことです。素材や形、そしてブランドを知るだけでビジネスバックに関する知識をある程度つけることができます。知識が何もなければ、自分なりのこだわりも、どれが良いものなのかも全く判断できず、ただ店頭に置いてあるからという理由だけで買ってしまうことになります。

何がどのように素晴らしいのかを理解していれば、多少値が張っていても躊躇なく購入することができますが、知識が無さ過ぎると高い買い物をしてしまったと後悔する羽目になってしまいます。

女性にとっても、彼氏には良い恰好をしてほしいという願望がありますから、ビジネスバックの購入する際にセンスを磨いてみるのもいいかもしれません。ビジネスグッズを購入する楽しみができると、他のビジネスに関する商品にも興味を持つことにもなるでしょう。そのようにビジネスにこだわりができれば、仕事自体にも楽しみができて、いい生活を送れるでしょう。

アフターフォローが充実したビジネスバック売り場

仕事にこだわる人は、ビジネスバックにもこだわりたい。フレッシャーズもベテラン社員も仕事道具であるビジネスバック選びは重要です。スーツと靴も重要ですが、トータルコーディネイトで考えると、バックも外せない。

素材も本革から、エナメル、ナイロンと様々です。アクティブな営業マンなら、雨に強いナイロンや軽量性に富んだナイロン素材がおすすめです。色も黒、こげ茶、ネイビーといったベーシックなものから、最近はカーキー色やオレンジといったカジュアルなものまで出回っているようです。

長く使いたい人には重厚感がある本革などが良いのではないでしょうか。私自身も営業マンとしてかれこれ20年近く経ちますが、様々なバックを買っては利用してきたものです。就職活動時には、それなりの値段がした革のビジネスバックを利用していました。形がしっかりしているので、床に置いても倒れず、面接時でも気が散ることなく自己PRができます。

その後、就職してからは営業マンとして社外を飛び回ることが多いため、主にナイロン製のビジネスバックを愛用していました。色は例外なく黒でした。20代の頃はお金もなかったので、せいぜい5,000円程度のものしか買えませんでした。30代以降はそれなりに給料も増え、バックにもこだわりを持ち始めました。

勤務先が広告代理店ということもあり、プレゼン資料を多く収納するためには、収納力が高く、軽いバックが必須となってきました。個人的に好きなメーカーは、吉田カバン・土屋鞄・ゼロハリバートンなどありますが、最も好きなメーカーは、エースジーンです。値段もそれなりに高いですが、収納力が高く取っ手がヘタらず持ちやすい。
しかも側面についているファスナーを広げると、収納スペースも拡大。ちょっとした地方出張時にも対応できます。

肩掛けベルトもしっかりしていて、重い荷物もしっかり支えてくれます。最近はかなり軽量なモデルもでてきて、現在も愛用しています。購入するバック売り場は東急ハンズがメインでしたが、最近百貨店で購入したところ、アフターサービスも対応してくれるとのことで、ちょっと驚きました。今のところ修理に出す予定はありませんが、いいものを長く使うためには、購入する売り場も重要だなと感じました。

広告代理店もIT化が進み、以前ほど紙の資料を持ち歩く機会が減りました。以前は出席者分のプレゼン資料を印刷して、バックや手提げ袋に詰め込んで出かけたものですが、最近はノートPC持参で、クライアント先のプロジェクタで対応する機会も増えました。とはいえ、クライアントの業種によっては紙の資料が必須だったりするため、いまだに大き目のビジネスバックを愛用しています。メーカーはエースジーンで、次回も今のところエースジーンの予定です。

タブレット時代の到来!ビジネスバックの主流が薄型に

最近は薄型のビジネスバックが社会人の間で流行しています。古くは多くの書類やファイル、また最近まではノートパソコンも併せて入れるためビジネスバックは比較的厚く、またたくさん書類が入るようなタイプが仕事の出来そうなビジネスマンの持つバックの主流でしたが、最近はだいぶ様子が変わりつつあります。

その大きな要因が最近の仕事のスマート化とタブレットの普及です。タブレットの登場で仕事の仕方は大きく変わりました。今までのようにパソコンで作成した資料をプリンターで打ち出し、紙の資料にして顧客に配るのではなく、タブレットにデータを保存して顧客の前でスクリーンを使用してプレゼンするような方式に変わりつつあるのです。プレゼンをスクリーンで行うことはPCでも行っていましたが、中々PCの画面を顧客に見せてプレゼンという事はあまりしませんでした。

しかし、タブレットでは顧客に画面を手軽に見せることが可能です。しかも顧客の目の前でスクリーンに触れ画面を変えたりできるため、プレゼンが非常にしやすくなりました。逆に紙の資料を大量に持ち込むと顧客から環境問題を考慮していない企業ととらえられ、せっかくの商談も破談になる危険さえある時代です。その為、タブレットを利用したプレゼンが主流になりつつあるのです。

もちろん、プレゼンばかりではなく、通常のビジネスにおいてもタブレットは日常的に普及しています。社内の会議の際も以前はパソコンを持ち込み打ち合わせの最中にキーボードを叩いたりマウスをクリックしたりとやたら音がうるさいことがありましたが、最近はタブレットのソフトキーボード、もしくは音声入力をオンにして会議の音声を録音したりすることでその記録を録ることが出来るようになりました。したがって、今までの様な音がうるさくて会議に集中できない、議事録を打ち込むのに必死で議論に参加していないといったことが無くなり、効率的な仕事の進め方に変化しています。

その為、タブレットを使いこなすビジネスマンは格好いい、仕事ができるというイメージができつつあることから、タブレットを収納する薄型のビジネスバックが流行し始めているのです。薄型のビジネスバックは軽いという事も有り、歩く姿もスマートに見えるため、特に若いビジネスマンの間では話題になっています。今後ますますタブレットがビジネスシーンで多用されて行くにつれ、ビジネスバックの主流がタブレットを収納する薄型のものになっていくことでしょう。

定番ビジネスバックを人と違うコーデで持ちたい!

ビジネスシーンにおいては、奇抜なデザインや形のバッグは敬遠される傾向にあります。お客様に会うことを考えると、デザインや色は無難な、定番の物になります。しかし、そんな中でも自分なりのコーデを工夫することで他の人とは違う面をアピールできるとともに、お客様に対しても記憶に残るため商談が進めやすくなるという側面があります。

ビジネスバックのコーデは、黒や茶を基調にした落ち着いた色のバッグにハンドル部分の色を変えただけでも非常にインパクトがあります。例えば黒にハンドル部分は濃茶の皮のデザインや、茶色の物にするだけでもインパクトがあり、また落ち着いた中にもおしゃれな雰囲気があります。

また、ビジネスバックの大きさはあまり大きすぎない、比較的スリムなものの方がおしゃれに見えます。ビジネスバックを持つ時の服装は殆どがスーツであり、特に日本のビジネスマンは黒かグレー系のスーツが非常に多いものです。このような定番のビジネススタイルに合わせるには、やはり黒が中心のビジネスバックが定番になります。

しかし、黒だけではなく、その中に同系色、例えば濃茶のアクセントを入れることで非常におしゃれになります。茶色のバッグは色が変わりすぎるためカバンが目立ちすぎてしまいますが、あくまでも黒を基調にしたうえで濃茶の切り返しなどがデザインされている物であれば、おしゃれに見えるのです。

あまり堅苦しい仕事でないデザイナーやエンジニアの場合には、服装もそれほど規制が無くスラックスにジャケットでも構わないという場合もあるかもしれません。その場合にはバッグも黒ではなく茶色などでもそれほど違和感は感じないものです。この場合であっても、あまり奇抜な形ではなくあくまでも定番のバッグの方が印象は良いものです。

ビジネスバックはすべて同じ色、形というイメージを持っている人がほとんどだと思います。しかしその中でちょっとおしゃれなものを見つけて持ち歩くことで、頻繁に商談を行うビジネスマンであっても、お客様の印象は変わってくるものです。特に感覚の鋭いお客様は商談に来るビジネスマンがおしゃれなバッグを持っていたりすると、色々と細かいところに気が付くというイメージを持つことが多いのです。

これは商談の際に非常に重要なポイントとなります。細かいところに気が付くと思われたら、お客様も仕事を安心して任せられると思ってくれるものです。単なるおしゃれだけではなく、実際の仕事の成果に結びつくという効果もあるものです。